廿日市市をもっと楽しむための総合情報マガジン

廿日市なび

廿日市市のグルメ|イノベーティブ・ヒュージョンAKAIをご紹介

ネット情報 2022/06/21 #穴場 #レストラン #名所

廿日市市のグルメ|イノベーティブ・ヒュージョンAKAIを紹介します。廿日市市と宮島を含めてもこれほどまでに洗練されたお店は少ないのではないでしょうか。廿日市の創作・フュージョンをお探しの方は是非AKAIをご賞味ください。

廿日市市のグルメ|イノベーティブ・ヒュージョンAKAIをご紹介

 

廿日市市のグルメを調べようとしたら避けては通れない店

イノベーティブという言葉は料理の世界では

革新的という意味で、料理の国籍やジャンルに囚われず自由な発想で創作される料理法のことをいいます。

フュージョンとは料理の世界では融合です。和食、イタリアン、フレンチ、中華などなどの手法を融合させて作られていることを表します。

この二つを合わせたイノベーティブフュージョンとは、料理ジャンルの枠組みを超え、これまでない発想で創作された料理を提供するお店とということになります

イノベーティブフュージョンの解説に関してはこちらの記事にも記載の通りです。

廿日市市にもイノベーティブフュージョンの店がある?

まずは「廿日市市 イノベーティブフュージョン」で検索をしてみます。

皆さんご存知の食べログ・グルナビ・ヤフーロコ・ヒトサラ・リトリップ辺りを全て見てみましょう

食べログで紹介されているのはAKAI

食べログは1位ですが、なんと一件しかありませんでした。「素材の本質を捉え、滋味を引き出す料理が信条・広島で味わえる最高の食体験」ジャンルに囚われない素材を生かした一皿とのことで、2022年において4.24の食べログスコアでした。定休日は木曜日の金曜日なんですね。イノベーティブレストランは食べログですでに1件しかないようです。

グルナビで紹介されているのもただ一つ、AKAI

グルナビでもイノベーティブレストランはAKAIのみ、カウンターで8名まで築80年の古民家をリノベーション宮島口から徒歩8分地元食材を使用お店の場所が少し分かりにくいといった情報がまとまっています。

ヤフーロコで紹介されてたAKAIのrettyの口コミ

素材を引き出した料理ということとヒグマのハンバーグといった珍しい一皿もあるようです。おそらく季節によって出すものを変えています。

イノベーティブフュージョンに近いフレンチでは、近くの「Ristrante Thomasや「SEIHO OMBRAGE」もおすすめとして紹介されていました。SEIHOの公式HPはこちら 調べてみましたが、こちらの二店舗もイノベーティブレストランと言えるかと思います。

 

ヒトサラは2件のイノベーティブレストラン!「Ristorante Carlottaとさくら埜」

Ristorante Carlotta

こだわりの肉料理がメインのコースと豊富なワインを個室で楽しめる店

4200円で食べれるお手軽なお店です。日本料理や懐石料理のジャンルとしても紹介されています。

アイスランドに約千年前から生息する古代種のラムは、くさみがなく柔らかできめ細かな肉質が自慢です。ローズマリーやローリエに6時間漬け込んだラム肉をゴルゴンゾーラソースや赤ワインソースで堪能できます。

Ristorante Carlotta

アンティークにこだわったシックな雰囲気のレストラン。イタリアン系のイノベーティブです。ペアリングもおすすめとのこと。「地鶏のポワレ」は驚くほどやら若く、ふわふわな食感、レーズンとくるみの香ばしい香りが特徴。あとはシェフがイケメンだそうです。

レトリップでは4件のヒット

こちらはイノベーティブというよりも従来の創作料理としてとても魅力的なお店でした。

天扇

このページでは何のお店かわからなかったので公式ページを探してみました。 世界遺産 宮島で味わう四季の贅|鮨屋ですね

宮島桟橋から徒歩5分商店街に隣接する路地にあり落ち着きのある隠れ家風本格鮨屋宮島鮨 天扇旬の瀬戸内の魚にこだわり、山葵・お米・日本酒も県内産を使用。鮨につけるむらさきも素材により、すだち醤油・土佐醤油・たまり醤油・つめの4種類を使い分けています。 しゃりは米酢と赤酢をブレンド。広島牛の炙りや宮島産牡蠣を使用した牡蠣汁もお勧めです。

花みづき

こちらは和食の創作料理。穴場かもしれません。情報がまとまっているページがなかったため、URLはgoogleの画像検索を掲載しました。瀬戸内の旬の味覚を満喫できる、寿司と和食を中心とした創作料理です。 店内の広い窓からは、嚴島神社の鳥居も眺めることができ、素晴らしい海を眺めながらの食事を楽しむことができます

色菜広場 いっぽいっぽ

いつも満員予約必須なリーズナブルな創作料理 「美しく丁寧に彩られたおいしい料理の数々運ばれてきた料理を見て感じるのが「どれも美しい。」ということ。旬の新鮮な魚や野菜を素材に美しく盛り付けられた一皿一皿は、居酒屋メニューと呼ぶにはもったいないほど」こちらも気になるお店ではないでしょうか。

 
どのお店も魅力的です今回、「廿日市市のイノベーティブレストラン」として検索した結果..

 

今回実際に行ってみることにしたのはAKAIです。

廿日市にあるAKAIのweb上での紹介をダイジェストで紹介します。
ポケットコンシェルジュで廿日市市のイノベーティブフュージョン「AKAI」をチェック」 [引用]

RED U-35 グランプリシェフが、故郷広島で挑戦、革新をおこす

広島県廿日市市。世界遺産「厳島神社」のある宮島行きのフェリーが行き交う「宮島口」から、徒歩約8分のところに店を構える『AKAI(アカイ)』。観光地の喧騒から少し離れた丘の上にたたずむ、築80年の古民家をリノベーションしたレストランで、赤井顕治(あかい けんじ)シェフが、地元食材をふんだんに使ったシンプルかつ食べ手の心に響く料理を提供する。

 
foodionで廿日市市のイノベーティブフュージョン「AKAI」をチェック」 [引用]
フランス料理の名店での修業経験はない。異色の経歴ではあるものの、本場フランスでの武者修業を経て見事RED U-35でのグランプリを獲得。彗星のごとく登場し、注目を集める赤井顕治シェフ。しかし、その愚直なまでの食材への向き合い方、時代に流されないスタイルが、一過性ではない確かな美味しさを生み出し、食通を唸らせている。わざわざ足を運びたい店として、その名をじわじわと広めている。
 
タケマシュランで廿日市市のイノベーティブフュージョン「AKAI」をチェック」
このブログを見るに季節によってまったく違う料理を提供しているようです。
 
FIVE PENGUINで廿日市市のイノベーティブフュージョン「AKAI」をチェック」 [引用]
きっと「AKAI」の料理を食べた人のほとんどは、その料理ジャンルの定義づけに困るでしょう。というのも食べログでは料理ジャンルが「フレンチ」となっているのですが、実際に料理を前にしてみると、どうにもこれはフレンチとは言い難い。出汁をとり、タケノコを炊き、お粥が並ぶ様子は一見和食のようでもありますが、次いで出てくる赤ワインソースの肉料理や〆のハヤシライスに、もう一度考えを改めさせられるのです。今回このお店を紹介するにあたって、記事では便宜上「イノベーティブ」としています。イノベーティブ…つまり革新的な料理という意味ですが、では「AKAI」の料理がそれに当てはまるのかと言えば、やはりそれも違うと感じてしまうのです。
 
 
Asaco®の美食録で廿日市市のイノベーティブフュージョン「AKAI」をチェック」
[引用] 2019年5月にグランドオープンだったんですね。ソムリエのAsacoさんのブログで紹介されています。
 

 

廿日市市のイノベーティブフュージョンレストランAKAIの前にきました。

 

 

スナップエンドウのおかゆ オリーブオイルを合わせてえんみも控えめ。 美味な一品でした。

 

天然のすっぽんの茶碗蒸し上に生姜がきざんである 一口食べてすっぽんの香りが広がります。

 

バージンオイスター(産卵前の牡蠣)をもずくのジュレ、上に軽く散りばめてある食用の花帆がアクセント これはかなりおいしい。濃厚な牡蠣、クリーミーな主役をさっぱりしたもずくジュレが際立ててました。

 

福山の鞆の浦のうみうなぎ 表面はパリッパリです。パリパリっと音をたてて噛むことができます。 宮島の方で食べたうなぎと比べると肉厚でした。

 

山口の周防大島の鯛のスープ 鯛の油と玉ねぎの甘みでとろみすら感じる一品でした。

 

説明不要、食べればわかる羊の香り。 まるいですがソーセージです。

 

一文字うどんさんが育てた鴨をスパイスソースで....

これは素晴らしい逸品です。

どうやって作ってるんでしょうか。
アロゼをしながらあとは余熱で...というやり方からここまでやわらかくなるのでしょうか。
驚きです。

 

島根ののどぐろ 東広島の大根を小さめにカットしたたきこみごはん

のどぐろの油から出る旨味だけでなく 大根の食感も絶妙(おかわり可能)

 

そしてあとは2品のデザートと中浅のコーヒーです。

 
廿日市のイノベーティブフュージョンAKAI
おすすめなのでぜひ行ってみてください。

 

この記事を書いた人

廿日市メディア運営事務局

廿日市市の魅力を発信する廿日市メディアの運営事務局です。

Pickup Contentsおすすめ記事

ネット情報 2024/06/11

もうすぐ行楽シーズン!憧れの『高級宿』特集!

梅雨シーズンを越えれば、もうすぐ夏。旅行の計画を立てる方も多いのではないでしょうか?今回の記事では、ぜひ一度は泊まってみたい!廿日市の『高級宿』をご紹介します。お値段も記載していますので、ちょっとラグジュアリーなご旅行を計画している方は、ぜひ参考にしてみてください!

観光 2024/05/31

おばけとチェキがとれる!?廿日市市で6月に行われるイベントをご紹介!

早いもので、今年ももう6月!! 6月の予定はもう決まりましたか?? まだ決まっていないそこのあなた!今回の記事では6月に廿日市市で行われる是非とも行ってほしいイベントをご紹介します!

観光 2024/05/28

走って爽快!廿日市市でバイクツーリングしてみませんか?

廿日市市では、標高1000メートルを超える山々から、美しい瀬戸内海に面した沿岸部まで、様々な自然・景色を楽しむことができます。今回は、バイクが趣味の著者が、バイク初心者から上級者まで楽しめる!廿日市市でのバイクツーリングについて、魅力をたっぷりお伝えします!

Ranking人気の記事ランキング

No.1

観光 2024/06/07

千年以上消えることなく燃え続ける火!?宮島にまつわる都市伝説をご紹介します!

古くから島全体が神としてあがめられてきた「宮島」。 沢山の歴史が詰まっている「宮島」。 今回の記事では、そんな廿日市市にある「宮島」にまつわる都市伝説についてご紹介します!

No.2

観光 2024/06/06

一生の思い出に残るプロポーズを!廿日市のおすすめプロポーズスポット

「ジューンブライド」に合わせて結婚される方が多い6月。読者の皆さんの中にも、プロポーズを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、人生の一大イベントをより思い出深いものにする、廿日市市のおすすめプロポーズスポットについてご紹介します!

No.3

観光 2024/05/31

おばけとチェキがとれる!?廿日市市で6月に行われるイベントをご紹介!

早いもので、今年ももう6月!! 6月の予定はもう決まりましたか?? まだ決まっていないそこのあなた!今回の記事では6月に廿日市市で行われる是非とも行ってほしいイベントをご紹介します!

Search記事を探す